ホーム当園の教育 保護者の声

保護者の声

インタビュー1 私自身も兄弟も、全員卒園生です。他の幼稚園は考えられませんでした。 立石恵子さん

私自身も兄弟も、
全員卒園生です。
他の幼稚園は
考えられませんでした。

なくならない幼稚園って、
意外に凄い。

現在4番目の子どもが通っています。実は、私も卒園生。兄弟みんなそうなんですが、帰省してきたら必ず天満宮にご参拝に行くんですよね。そのときに、幼稚園が必ずある。そうやって「天神様がそばにいることはずっと変わらない」し、幼稚園もなくならないと思うんです。これって実はとても凄いことだな、と思います。

天神様がいるから、
規則をきちんと守ることができる。

他の幼稚園に通わせるという選択肢がそもそもなかったので、あまり比較したことはないのですが、上の子の小学校のお友達のお母さんから違う幼稚園の話を聞いて、びっくりすることはありますね。私も卒園生なので「当たり前」と思っていたけど、そうじゃないんだな、って。 例えば、椅子にじっと座ることができるといった礼儀をきちんとしつけてもらえるところ。小学校に上がると、授業中にじっと教室の椅子に座っていることができているのは太宰府天満宮幼稚園の卒園生。「あぁ、天満宮幼稚園の子ね」とすぐにわかるそうです。その理由のひとつに、「天神様」という明確な指標があるので、規則をきちんと守ることができるのだと思っています。「天神様が見てるよ」といった会話が普段からなされるので、自然と身につくんでしょうね。

広大な杜の中で遊べる、
贅沢な環境。

そして、天満宮の広大な境内で遊ばせてもらえることも大きいなと思います。幼稚園にいる間、ほぼ車を見ることがないんですよね。天神様の杜に守られている。だから四季を感じることもできるし、実は裏山にも入ることができるんですよ。入園時に天満宮の地図を頂くんですが、誰でも入れる裏山なのに、全然知られていないんです。子どもと一緒にたまに入って遊んでいます。オススメです。

「行事が多い」のは
大変なことではない。

太宰府天満宮幼稚園は、よく「行事が多い」と言われます。確かにとても多いのですが、「大変でしょう?」と他の幼稚園に通わせていたお母さんから聞かれるたびに「準備に手をかける必要がないのよ」と答えて驚かれます。しかも、氏子じゃなくても入園すれば親も一緒に天満宮の行事にも参加させてもらえるんです。親子でいい思い出ができますよ。

インタビュー2 単身赴任の夫が天満宮にご参拝後、ひとりで決めちゃったんですよ。 渡辺亜矢さん

単身赴任の夫が
天満宮にご参拝後、ひとりで
決めちゃってたんですよ。

東京からの転勤。
迷うことなく太宰府を選んだ理由。

私も主人も東京の出身です。仕事の都合で福岡に転勤になったときに、先に主人だけ単身赴任してきたのですが、東京の人間からすると、福岡市内で働くといっても、太宰府市から通うなんて「遠い」距離にはまったく入らないんですね。私と子どもが福岡に越してくる前に、色々なところを見て回った主人が、天満宮に参拝して、境内に幼稚園があることに感動しまして。もう、ほぼそのときに決まっていたような気がします。私も神社仏閣が大好きなので、なんていい環境なんだろう、と、迷うことなく太宰府への移住を決めました。

実は保護者が積極的に参加している
「たくさんの行事」。

入園させる前は、「行事が多くて大変」と聞いていたので覚悟していましたが、逆に言うと天満宮と密にかかわりがある幼稚園ということなので、楽しみな面もありました。実際の行事に関しては、園の教育方針や考え方がわかってくると、「当然だ」と思うようになり、かえってよかったと思います。 そして意外かもしれませんが、保護者が必ず参加しなければならない行事は実は少ないんです。どちらかというと、保護者が先生に「来てもいいですか?」と尋ねて率先して参加させて頂いているんです。私は最初そのあたりがよくわからなかったのですが、お友達のお母さんたちから「明日行くでしょ?」と声をかけて頂き、気づけば結構な頻度で参加させて頂いています。

天神様のそばで、
しっかりと身につくしつけ。

神様好きな夫婦なのでこの幼稚園に決めましたが、「入れてよかったな」と思うことはたくさんあります。私たちが想像していなかったことも。例えば、「いただきます」「ごちそうさま」がしっかり言えるようになったこと。また、神様を敬う心や挨拶の仕方、神社での礼儀作法など、日本人として当然知らなければならない所作を幼稚園児で身につけることができるのは本当に素晴らしいと思います。

卒園しても、
しっかりと根付いている学び。

子どもたちは3人兄弟で一番上は小学4年生なのですが、サッカー日本代表の試合をテレビで見ているときも、選手と一緒になって「君が代」を歌っています。普通は「君が代」をきちんと練習する場所がないのですが、太宰府天満宮幼稚園の子どもたちは、毎朝しっかり歌っているので全員ちゃんと歌えるんです。 脱帽もきちんとできますし、しつけが自然に身についている。日本人として大切なことを、幼稚園にいる間に学ばせてもらえて本当によかったと思っています。