logo
園の概要入園案内園の生活スクールバスアクセスよくある質問みんなの声
みんなの声  →けいコラム  →先生たちのマンスリーコラム  →保護者の声  →卒園生の声

 けいコラム

「年少さんのおすすめ」

(2012.11.13更新)
 境内の木々が色づき始めました。
太宰府天満宮の梅はよく知られていますが、実は紅葉も沢山あります。紅葉狩りの見どころは、
御本殿に向かって右上の山、遊園地の山、国立博物館入口エスカレーター向かいの山などです。
ゆっくり歩いて紅葉狩りもいいですね。
さて、来年度の新入園児の願書の受け付けが始まりました。
この時期になりますと、よく聞かれることがあります。特に年少の保護者の方からですが、
「うちの子は、幼いので大丈夫ですか?」
「早生まれですが、大丈夫ですか?」という質問です。
今まで沢山のお子様をお預かりした経験から、最近色々な事に気付きました。

 早生まれのお子様だからこそ、年少さんから幼稚園に入れた方が良いということです。
 1学期は、お母さんから離れなかったり、自分のことがなかなかできなかったりですが、
2学期になると、みんな上手に出来るようになります。
今の年少さんには、3月生まれのお子さんもいますが、2学期も半ばの今、他のお子さんと何の
変わりもありません。子ども達の吸収力は素晴らしく、日に日に成長していきます。
(日に日に忘れっぽくなっていく私から見れば、本当に羨ましいです)
 保護者の方は本当に御心配かも知れませんが、早生まれのお子様、また、早生まれでなくとも
とても幼いと思われるお子様も、足並みをそろえて年中に上がります。そして、小学校1年に
上がる時には、学校生活を楽しく送れるような頼もしい子ども達になっています。
どうぞ、心配なさらないで下さい。子どもの成長する力は凄いです。
 運動会の後、山のぼり、お芋掘り、お相撲大会等があり、これから、発表会、お餅つきと
あっという間に2学期が終わり、お正月です。
 これからも、楽しい行事をたくさん経験して日々成長していく子ども達を応援していきたいと思います。



このページのTOPへ戻る