logo
園の概要入園案内園の生活スクールバスアクセスよくある質問みんなの声
みんなの声  →けいコラム  →先生たちのマンスリーコラム  →保護者の声  →卒園生の声

 けいコラム

「感動をありがとう」

(2011.10.21更新)
爽やかな季節となりました、園では10月9日に運動会を行いました。
お蔭様でこの日は雲一つない青空、これが運動会日和!といってもいい程の素晴らしい お天気でした。
幼稚園では色々な行事がありますが、各学年の成長の差が一番よくわかるのが運動会です。

年少、年中、年長と見比べてみましょう。

<かけっこ>
年少は、ゴールにいるお母さんを目指して走ります。
(ゴールにお母さんがいないと、どこがゴールかわからないかもしれません)
年中は、たまに、観客席にいるお母さんたちに手を振って楽しそうに走ります。
(もちろん、そうでない子もたくさんいますが・・)
年長になると、皆が前を向いて一生懸命走ります。
(勝つことに対する意欲が伝わってきます)

 <お遊戯>
年少は、先生と輪になって一緒に踊ります。
年中は、全員同じ振りで踊りますが、自分たちで隊形移動をします。
年長は、3つのパートに分かれて演技し、最後には全パートを一つに完成させます。
 この様に年々新しい事が出来る様になります。まさに目に見える成長ですね。

さて、今回の閉会式ではこんな微笑ましいこともありました。 
年少の数人が行進の時フラフラ、そして止まると立ったまま寝ています。
(すごい技です、すぐ先生に抱っこされて熟睡・・、長い時間よくがんばりました)

子供達と接するにあたり、先生たちは次のことをいつも頭においています。
・目標を少し高めにすること
・みんなで力を合わせれば出来ると言い聞かせること
・天神様のパワーをいただけば大丈夫!と元気づけること

運動会の練習は実質20日程しかありません。いつも子供たちの本番の強さ、たくましさには驚かされます。
運動会では誰一人として途中で投げ出し、諦めてしまう子はいません。
それは当たり前の事かもしれませんが、この事に私はいつも感心します。
最後に頑張った子供たちに次の言葉を贈ります。
「感動をありがとう!」
このページのTOPへ戻る